キャッシング審査の在籍確認

消費者金融でキャッシングの審査を受ける際、在籍確認が有ることに不安を感じておられる方も多いいようです。

 

では、在籍確認がない消費者金融はあるか、どのように在籍確認が行われるか、調べてみましょう。

 

まず、在籍確認は必ずおこなわれます。
在籍確認がどのように行われるのでしょうか。

 

消費者金融は在籍確認を電話で行います。
そこで気になるのが、会社の上司や同僚に知られてしまうことがないかどうかです。

 

安心なことに、貸金業法には「契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない」と決められていますから、消費者金融側は在籍確認を慎重におこなわれるということです。

 

そのため、消費者金融側は、申し込み者の勤め先へ電話を掛ける際には会社名は名乗らず、個人名を使います。

例えば、「田中と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」といった具合です。
本人が電話に出た場合は、自分が本人であることを伝えた時点で終了という消費者金融もありますし、会社によっては、生年月日や住所も尋ねられる場合もあります。

 

いずれにせよ、本人ついて根掘り葉掘り聞きかれることはなく、在籍確認はすぐに終了するようです。

 

在籍確認の電話が掛かってきた時に、本人が席を外してその場にいないとしても、電話応対している人が、「○○が席を外しております」といえば、確認が取れたことになるので、その時点で在籍確認は終了となります。

 

それでも、電話による在籍確認が不安な方は、消費者金融会社によっては在籍確認の書類を提出することも可能なケースもあるようです。

 

モビットのweb完結なら、在籍が確認できる書類を提出で審査可能です。
他にはプロミス、アコムでは電話確認を回避してほしい方の相談に応じているようです。

 

結論は、在籍確認は必ずあります。
在籍確認電話で会社に消費者金融から借入れしていると知られることはないようなので安心して申し込みしてよいようです。